お問い合わせの窓口のご案内です。

まいにち保育

言葉あるある「お」「先生ね」保育士あるある

2018/ 06/ 08

子どもたちとの関わりで最も多く使うもの。
それは「言葉」だと思います。

保育士のみなさんは普段どんな言葉をつかっていますか?
今回はそんな保育士さんの「言葉」についてのあるあるをご紹介します。

◆「お」を付けてしまう!
「おトイレいこうね~」
「お支度できたかな?」
「おイスを運んで…おかばん持って…」

など、仕事では子どもたちに対して「お」をよく使いますよね。

一方、プライベートで大人同士の会話の中でもつい「おトイレいったらね…」など「お」が無意識に出てしまうことがあります。
決して子ども扱いしているのではなくクセで出てしまうんですよね。


◆「先生ね…」
私、僕などの一人称を「先生はね」とうっかり話してしまう!
子どもたちの前で「先生は○○がいいかな~」と自然に言っているのですが、こちらもプライベートのときに「先生はね」と言ってしまい、ハッとした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

以上、「言葉」に関するあるあるでした!

お気軽にご連絡ください!

03-6268-8401

受付時間 8:30~19:00(土日祝を除く)

保育業界に熟知したコーディネーターになんでも
ご相談ください!!

まずは簡単エントリー!