お問い合わせの窓口のご案内です。

まいにち保育

ピアノを弾けるようになるには保育のアイデア

2018/ 08/ 08

保育士や幼稚園の先生は“ピアノが弾ける”というイメージがありますよね。
でも中には、「ピアノが大の苦手!」という方も多くいらっしゃるかと思います。

苦手だからこそ克服したい!
ピアノを好きになりたい!


そんなピアノ初心者の不安や悩みを解消するコツをご紹介します。


<まずは一曲弾けるようになろう!>
ピアノに苦手意識がある場合、まずは自分の好きな曲を一曲弾けるように目標を立ててみましょう。
短い曲、簡単な曲でかまいません。片手でも十分です。
一曲完成させることでピアノを弾く楽しさを実感することができます。

<少しずつ楽譜になれていこう!>
楽譜とは五線紙の中に曲の情報がすべて入っている音楽の記録方法です。
楽譜が読めるようになると、見ただけで曲がイメージできるようになりますが、読めるまでは慣れが必要です。
最初のうちは楽譜にドレミをふったりして少しずつ頑張っていけば、必ず読めるようになります。

 

 
<片手で少しずつ!>
ピアノ初心者の方はいきなり両手を合わせて弾こうとしても難しいので、まずは右手、そのあと左手でスムーズに弾けるように練習しましょう。それぞれで弾けるようになったら両手でゆっくりチャレンジ!
キーボードのレコーダー機能を活用するのもおすすめです。曲のイメージがわかりやすく、楽しく練習できます♪

<「止まらないで弾く」を心掛けよう!>
本番は子どもたちの前での演奏、伴奏になります。
「完璧に弾こう!」と思うと指が止まってしまったり、テンポがずれてしまうことも。
「止まらないで弾く」ことを心掛けましょう。
間違えたところからやり直しはせず、片手だけでもいいので速度を変えずに伴奏を続けましょう。
伴奏が止まっても歌は進んでいくので、落ち着いてのぞみましょう。

 

 
ピアノを上手に弾けるようになるには、とにかく練習し毎日でも鍵盤に触る習慣が必要です。
でも保育の現場では、子どもたちと楽しく音に触れることが大切なので、保育士さん自身が楽しんで演奏できることを目指しましょう☆

お気軽にご連絡ください!

03-6268-8401

受付時間 8:30~19:00(土日祝を除く)

保育業界に熟知したコーディネーターになんでも
ご相談ください!!

まずは簡単エントリー!