お問い合わせの窓口のご案内です。

まいにち保育

お正月遊びの由来保育のアイデア

2018/ 12/ 19

♪もういくつ寝るとお正月
 お正月には凧揚げて コマを回して遊びましょう
 早く来い来いお正月


「お正月」にはこのような歌詞がありますね。
ところで、なんで凧揚げやコマ回しをするのでしょう?

そこで、今回は子どもに聞かれたときにもきちんと答えられるようにお正月遊びの由来についてご紹介していきます。
 

 
【凧揚げ】
凧揚げは、もともと年の初めに両親が男の子の誕生を祝い、その成長を祈る儀礼として行われていたものです。
そしてだんだんと庶民の遊びとして定着していきました。
凧が高くあがるほど願い事が神様に届く、といわれています。
現代のお正月では、その年を元気に過ごせるよう願いを込めて凧をあげるようになりました。

ホームセンターやおもちゃ屋でも販売している凧揚げ。
スーパーのビニール袋でもお手軽に作れることができます。
凧揚げをするときは、周りに建物や電線がない広い場所で遊びましょう。
 

 
【こま回し】
こま回しはもともとお寺などで行われる縁日の余興として楽しまれていました。
凧揚げと同様、次第に庶民の遊びとして広まったのです。
こまがきれいに回る姿から「お金が回る」、「頭が回る」、「物事が円滑に回る」などの意味が込められており、縁起の良い遊びとして親しまれてきました。

指で回すもの、紐を巻きつけるもの、デアボロやベーゴマなど色々な種類があります。
最近では、ベイブレードが子どもたちに人気ですね。
回し方のコツなどを覚えて、お友だち同士で勝負するのも楽しみのひとつ。


以上、凧揚げとこま回しの由来をお伝えしましたが、お正月遊びは福笑いや羽根突き、すごろくなど他にもたくさん!

家族で、保育園でぜひ楽しんでください。

お気軽にご連絡ください!

03-6268-8401

受付時間 8:30~19:00(土日祝を除く)

保育業界に熟知したコーディネーターになんでも
ご相談ください!!

まずは簡単エントリー!